益子についてイベント情報益子焼き益子の文化パンフレットアクセス
夏は陶芸体験にチャレンジ!!益子焼を作って使おう♪
2021-07-21

夏休みは、子供たちになにかチャレンジさせてみたい♪ そんな、あなたにはオリジナルのカップやお皿・お茶碗などが作れる「益子焼の陶芸体験」がおすすめです!!陶芸体験ってどんなの??っというと、 体験の種類は、主に「ろくろ」や「てびねり」、「絵付け」などがあります。 ろくろは焼き物つくりなどの番組で、皆さんがよく見かけるのクルクルまわして形を作っていく、あれです!電動ろくろ・手動ろくろなどがあり、ぐにゅぐにゅぐにゅ~な土のぬくもりをすごく感じることができます。集中力つきますよ~。そして勉強もはかどりますよ~♪ てびねりは、伸ばしたり、模様をつけたり、粘土遊び感覚で好きな形を自由に作ることができます。絵付けと違い実際形作っていくので、より「自分だけの」感が生まれます。 小学生にオススメ。 絵付けは、素焼きのカップやお皿に文字や絵を自由に描いて楽しめます。とっても簡単で小さいお子さんでもチャレンジ出来ちゃいます。 陶芸体験で「益子焼」をつくって毎日使っちゃおうちゃおう! ——————————- 陶芸体験教室一覧 ※料金・内容等に変更がある場合がございます。詳しくは各教室へお問合せください。 (HP)http://www.mashiko-kankou.org/tougeikyoushitsu.shtml (PDF)http://www.mashiko-kankou.org/pamphlet/image/pdf/j/tougei_j202008.pdf  

濱田庄司所縁の作家展
2021-07-05

益子×セントアイヴス100年祭を記念して濱田庄司と交流のあった作家やその弟子、孫弟子、繋がりのある作家まで、時代を経ても感じられる、「「濱田イズム」」を垣間見れる展示会です。町内の益子焼販売店6店舗にて下記の開催中です。 期間:2021年6月12日(土)~9月12日(日) 会場・参加作家:益子焼販売店協同組合各店舗 ※店舗情報・期間の詳細は公式WEBサイトで更新 https://mashiko-st-ives100.com/ 『民芸店ましこ』(栃木県芳賀郡益子町大字益子2901/0285-72-2231)[作家:後藤竜太、橋本秀一] 『陶庫』(栃木県芳賀郡益子町城内坂2/0285-72-2081)[作家:笠原良子] 『もえぎ城内坂店』(栃木県芳賀郡益子町城内坂150/0285-72-6003)[作家:大塚雅淑] 『こうじんや』(栃木県芳賀郡益子町城内坂147/0285-72-5578)[作家:明石庄作] 『佳乃や』(栃木県芳賀郡益子町大字益子3169-1/0285-72-8717)[作家:濱田友緒、松崎健] 『ギャラリーつかもと』(栃木県芳賀郡益子町大字益子4264/0285-72-3223)[作家:佐久間藤也、島岡桂] そして、同時に100年祭をめぐるスタンプラリーも開催中です!作家展開催中の6店舗以外に益子陶芸美術館、濱田庄司記念益子参考館、道の駅ましこの3施設にてスタンプが設置されています。そのうち、5個以上を押印すれば応募可能ですのでどんどん応募してください。 <お問合せ> 益子×セントアイヴス100年祭事業事務局 益子町観光商工課 TEL:0285-72-8846

あじさい祭り~あじさいの様子(6/28時点)~
2021-06-28

太平神社(あじさい公園内)では、 期間中(6/24~7/25)、鹿島神社から太平神社までの参道に提燈を付け例年通り夜はライトアップします。今年は献花祭・大祓は神事のみとなります。茅の輪は大祓神事後各自でくぐれるようになります。 6月24日(木):あじさいを奉納する「献花祭」は神事のみ斎行 6月26日(土):大祓は神事のみ斎行 ※地元特産の益子焼で制作された「陶板大神輿渡御」などの行事は中止 ※太平神社に茅の輪は設置。感染対策をした上で各自輪くぐりを行ってください。 期間:2021年6月24日(木)~7月25日(日) 場所:太平神社(あじさい公園内) 駐車場:鹿島神社東側 <アクセス> 電車:真岡鐵道益子駅から徒歩10分 JR宇都宮線宇都宮駅から関東自動車バス益子行きで約70分 「鹿島神社前」下車 車:北関東自動車桜川筑西ICから約25分 高速バス:秋葉原駅から関東やきものライナーで約2時間30分「益子駅」下車徒歩約10分 お問合せ:鹿島神社 TEL 0285-72-6221 (http://www.kashimajinja.com/)   ———————————-太平神社あじさいの様子—————————————- <6/28時点> 全体的に咲き始めてきたあじさいが増えました。神社周辺はこれから咲き始めそうです。公園内はとても涼しいので、ゆっくり散歩に丁度いいです。そしてあじさい公園のお手洗いの壁にも紫陽花が!?   <6/22時点> 鳥居周辺と愛宕神社へ上る階段のあじさいが咲き始まりました。 太平神社のあじさいですが、植えてからかなりの年数がたっている事とコロナの影響で手入れが行き届かない為、本来の状態ではないのが現状とのことです。ご了承ください。 あじさい祭りは6月24日(木)~7月25日(日)まで。太平神社のあじさいを見に行かれる方の駐車場は鹿島神社東側駐車場(栃木県芳賀郡益子町大字益子1685-1)となります。                

土祭2021 アラワレル、未知ノ日常。
2021-06-10

  5月22日(土)~11月14日(日)【メイン期間10月15日(金)~11月14日(日)(金・土・日・祝日※11月4日(木)含む】益子町内各所において、土祭2021が開催されます。 土祭/ヒジサイは、2009年に窯業と農業の里・栃木県益子町で生まれた、行政と住民が協働でつくりあげる風土に根ざした地域づくりの祭りです。3年に一度のサイクルで開催し、2021年は第5回土祭の年にあたります。 非日常の長引くコロナ禍の時代だからこそ、感染防止対策を十分講じた上で「日常」を大切に、「日常」を捉え直し、「日常」の中の表現の営みを大切に分かち合いたいと思います。益子の歴史・風土の上に、益子に住む人も訪れる人も、まだ出会えていない「未知の日常」が、さまざまに表現され可視化され立ち現れます。その風景の中を、共に歩みましょう。 ◇◇◇◇◇◇ 会 期|2021年5月22日(土)~11月14日(日) メイン期間|2021年10月15日(金)~11月14日(日)[金・土・日・祝日※11月4日(木)含む] 時 間|10:00~17:00 内 容|地域づくりプロジェクト、屋外での作品展示、セミナー、ワークショップなどの体験企画ほか ※新型コロナウイルス感染拡大予防ガイドラインに従って開催します。感染状況によりイベントなどの延期や企画変更をさせていただく場合がございます。 ◇◇◇◇◇◇ 【主催】土祭実行委員会 ●お問い合わせ 益子町観光商工課 土祭事務局 TEL:0285-72-8873(平日8:30~17:15) E-mail:info@hijisai.jp 【公式ウェブサイト】http://hijisai.jp

益子×セントアイヴス100年祭-友情は海を越えて-
2021-06-07

 益子×セントアイヴス100年祭 今から100年前、濱田庄司とバーナード・リーチという二人の青年が、大志を抱いてイギリスのセントアイヴスにリーチポタリーを築きました。 生涯友情を交わした二人が没した後も、益子とセントアイヴスにおける芸術や工芸を愛する人々の交流は続き、現在では学生や陶芸家の活動を通じて、その結びつきはさらに広がりを見せています。 二つの土地の繋がりの節目となる記念の年に、「益子×セントアイヴス100年祭」を開催します。 多くの皆さんと共に大いに祝うことにより、人々の心の行き来や陶芸文化の発展の歴史を再認識し、次の100年へと続く実り多き機会となることを願います。 益子×セントアイヴス100年祭ホームページ| https://mashiko-st-ives100.com ※新型コロナウイルス感染拡大予防ガイドラインに従って開催します。 ※感染状況によりイベントなどの延期や企画変更をさせていただく場合がございます。 ◇◇◇◇◇◇◇◇◇ 期間:2021年6月12日(土)~9月12日(日) 会場:会場|益子町内各所 ◇◇◇◇◇◇◇◇◇ ①バーナード・リーチ-100年の奇跡- ②Margaret Frith&David Frith Exhibition ③「リーチと濱田Ⅱ」展 ―益子×セントアイヴス100年祭を記念して― ④THE STORY OF STIVES AND MASHIKO TOWNS-Beyond East and West-益子×セントアイヴス物語 ⑤濱田庄司所縁の作家展 ⑥ましこのCAFEめぐり-益子ぱぁすちー&クリームティーを益子のカフェで- ⑦100年祭限定ランチ「濱田庄司の愛した食卓」 ⑧料理教室「益子ぱぁすちーを作ろう」7/22 料理教室「益子ぱぁすちーを作ろう」7/29 ⑨100年の時と益子をみつめる限定ツアー7/15 100年の時と益子をみつめる限定ツアー8/19 ⑩ましこ市2021 【主催】 益子×セントアイヴス100年祭事業実行委員会 … 続きを読む

バーナード・リーチ -100年の奇跡-
2021-06-02

  英国を代表する陶芸家、バーナード・リーチ(1887-1979)が濱田庄司(1894-1978)とともにセントアイヴスに築いた製陶所「リーチ工房( The Leach Pottery)」は、2020年に創設100年を迎えました。 リーチは日本でやきものに出合い、柳宗悦や濱田庄司ら民藝運動同人たちと深く交流する中で、東洋陶磁の美に魅せられ、西洋の美意識との融合に心を砕きました。 そしてリーチ工房を拠点に、自らの作品を制作するだけでなく、工房の仲間たちと協力して作る「スタンダードウェア(Standard Ware)」を考案し、執筆活動を通して陶芸家のあり方を啓蒙するなど、芸術としての陶芸の価値を高めていきました。 本展では、リーチが目指した陶芸家の精神がどのように具現化され、またその精神がいかなる形で100年を経た今も受け継がれているのか、リーチの功績に秘められた数々の“奇跡”を見つめます。 ◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇ 会期:2021年6月13日(日)~8月22日(日) 場所:益子陶芸美術館(陶芸メッセ・益子) 〒321-4217 栃木県芳賀郡益子町大字益子3021 ◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇ <関連プログラム> ●益子国際工芸交流事業連携企画講演会「リーチ好き」 日時: 2021年6月19日(土) 午後2時〜3時 講師: 山本 教行氏(陶芸家、クラフト館 岩井窯主宰) 参加費: 無料 会場: 益子国際工芸交流館(陶芸メッセ・益子内) 定員: 20名程度 ご予約方法: 電話(0285-72-7555)先着順。 受付時間 開館日 午前9時30分~午後5時 ●益子国際工芸交流事業連携企画講演会「リーチ工房の立役者・松林靏之助」 日時: 2021年7月3日(土) 午後2時30分〜4時30分 講師: 前﨑 … 続きを読む

令和3(2021)年度栃木県産業技術センター 窯業技術支援センター体験型短期研修について
2021-06-01

  窯業技術支援センターでは、窯業に関心のある方を対象に、ロクロ技術や窯業業界の現状を学ぶ、1日体験研修を行います。当センターの伝習生・研究生に関心のある方、将来、製陶業に従事したい方など、奮ってご参加ください。 1 日時 令和3(2021)年8月18日(水) 9:45~15:00(昼休憩:12:00~13:00) 2 場 所 窯業技術支援センターとちぎの器交流館 3 研修項目 ・オリエンテーション:センター概要等説明 ・業界の現状説明、意見交換、施設見学              (1時間程度) ・釉薬調合:自動乳鉢を用いた二成分調合、釉掛け    (1時間程度) ・ロクロ成形:土練り、基礎的な器成形              (2時間程度) ・個別相談 (15:00~順次実施)  ※希望者 4 定員・料金 定員:6名   料金:無料 ※応募多数の場合には抽選となります。応募者には改めて結果等の連絡をいたします。 5 申込締切 令和3(2021)年8月4日(水) 6 申込方法 受講申込書にご記入の上、下記宛てFAX、メール、郵送のいずれかでお申し込みください。 7 申込・問合せ先 栃木県産業技術センター窯業技術支援センター 〒321-4217 栃木県芳賀郡益子町益子695 TEL 0285-72-5221 FAX 0285-72-7590 メール yougyou-gc@pref.tochigi.lg.jp   ※11月に同様の研修を実施します。募集は改めて行います。 ・実施日(2回):令和3年(2021)年11月10日(水) 令和3年(2021)年11月14日(日)