益子についてイベント情報益子焼き益子の文化パンフレットアクセス
令和4(2022)年度  栃木県産業技術センター窯業技術支援センター窯業技術講習会の御案内
2022-09-21

  3Dスキャナや3Dプリンタなどのデジタルものづくり技術は、消費者嗜好の多様化に対応した陶磁器製作や生産工程の効率化に活用が進められています。 そこで、本講習会では、デジタルものづくり技術を活用していく上での考え方や、代表的な機器、産地における先進的な取組事例を紹介します。 【日時】 令和4(2022)年11月22日(火)13:30~15:30 【場所】 窯業技術支援センター 本館 会議室 【テーマ】 作陶におけるデジタルものづくり技術の活用について 【内容】 〇講演 「3DツールによるDX推進アイディアのご紹介 -窯業での活用提案-」 株式会社ケイズデザインラボ DXコンサル事業部 事業部長 横山 圭 氏 〇産地での取組事例の紹介 ・「デジタルものづくり機器を活用した商品製作事例紹介」 株式会社 オフィスましこのね 代表取締役 栗谷 昌克 氏 ・「デジタルものづくり技術を活用した石膏型製作とそれを用いた陶器の製作」 窯業技術支援センター職員 【定員】 18名 【参加費】 無料 【申込締切】 令和4(2022)年11月14日(月) 【参加申込み】 参加申込書に御記入の上、メール、ファクシミリ等にて申込みください。 【申込先及び問合せ先】 栃木県産業技術センター窯業技術支援センター 担当:大和 〒321-4217 益子町益子695 TEL:0285-72-5221 FAX:0285-72-7590 メール:yougyou-gc@pref.tochigi.lg.jp

益子国際工芸交流事業2022秋アーティスト・イン・レジデンスin益子 
2022-09-20

1920年、若き日の陶芸家・濱田庄司がイギリスの陶芸家バーナード・リーチとともにイギリス南西部の港町セントアイヴスへ渡り築窯しました。以来、100年余りの歳月が流れ、益子国際工芸交流事業では二人の交流を現代の陶芸家により再現すべく、この夏、益子の若手陶芸家2名をリーチ工房へ派遣しました(リーチ工房研修プログラム)。そして秋は、リーチ工房の陶芸家を益子に迎えます(アーティスト・イン・レジデンスin益子)。 ————————————————— 〇ルロフ・ウィス [陶芸家・リーチ工房作陶主任/イギリス] ※滞在期間10月2日(日)~11月30日(水) ——————————————- 〈オープンスタジオ〉 日 程|10月13日(木)、14日(金)、15日(土) 時 間|14:00~16:00 場 所|陶芸工房(陶芸メッセ・益子内) 工房で制作する作家と自由に会話していただけます。時間内出入り自由。 〈制作実演ワークショップ〉 日 程|11月12日(土) 時 間|13:30~15:30 場 所|陶芸工房(陶芸メッセ・益子内) つくり(ろくろ、削り)と装飾技法を実演します。 〈記念講演会&益子×セントアイヴストークショー〉 日 程|11月27日(日) 時 間|13:30~15:30 場 所|益子国際工芸交流館 トーク登壇者|岩下宗晶氏、榎田智氏 前半は陶芸家としての人生と仕事について語る講演会、後半はリーチ工房で研修した益子陶芸家2名とのトークショー。 ※いずれも入場無料、通訳あり。内容は変更になる可能性があります。 ※会場内の人数が一定数を超えた場合、入場を制限することがあります。 講演会のお席を確保したい方は、お電話にてご予約ください(TEL:0285-72-7555) ●お問い合わせ 益子陶芸美術館(陶芸メッセ・益子) 休館日 月曜日(祝日の場合は翌日)※年末年始、展示替えによる休館日があります。 TEL:0285-72-7555 FAX:0285-72-7600 HP:http://www.mashiko-museum.jp/

【第106回益子秋の陶器市】
2022-09-16

開催期間 2022年11月3日(木・祝)~11月7日(月)予定 ※新型コロナウイルス感染症の拡大状況により変更になる場合がございます。※延期の場合は10/3(月)を目安に、改めてお知らせいたします。 開催場所:益子町内各所(城内坂、サヤド地区中心) 開催時間:9:00~17:00(最終日は16:00まで)※各店舗・テントにより異なります 駐車場は各所にご用意しております(期間中有料、無料Pもあります) お問合せは益子陶器市実行委員会(益子町観光協会)TEL.0285(70)1120まで 陶器市公式HPhttps://toukiichi.mashiko-db.net/ ———————————————— 【2022年「益子秋の陶器市」についてのお知らせ】 2022年「益子 秋の陶器市」を11/3(木・祝)~11/7(月)の会期で実施いたします。 新型コロナウイルスの感染予防対策などを万全に行い、安全にお楽しみいただけるよう努めて参りますので、皆さま楽しみにお待ちください。 なお、新型コロナウイルスの感染状況により会期が変更になる場合もございます。延期の場合は10/3(月)を目安に、改めてお知らせいたします。 ——————————————– <益子陶器市> 陶器市は1966年(昭和41年)から始まり、例年、春のゴールデンウイークと秋の11月3日前後に開催されます。 販売店約50店舗の他約600のテントが立ち並び、伝統的な益子焼から、カップや皿などの日用品、 美術品まで販売されます。 テントでは新進作家や窯元の職人さん達と直接会話を楽しむことができます。 焼物だけでなく地元農産物や特産品の販売も行われ、春秋あわせて約60万人の人出があります。

《関東やきものライナー》2022年8月22日(月)から一部便を運休のお知らせ
2022-08-18

関東やきものライナー 当面の間、下記の便のみの運行といたします。   【2022年8月17日追記】 2022年8月22日(月)から一部便を運休いたします。 ===========================   2022年8月21日(日)まで 下記の便のみ運行いたします。   上り (益子・笠間→秋葉原駅) 益子駅 6:30発 秋葉原駅行き 毎日運行 笠間ショッピングセンター 7:50発 秋葉原駅行き 毎日運行 益子駅 8:20発 秋葉原駅行き 毎日運行 益子駅 9:20発 秋葉原駅行き 毎日運行   下り (秋葉原駅→笠間・益子) 秋葉原駅 15:10発 笠間ショッピングセンター行き 毎日運行 秋葉原駅 17:00発 益子駅行き 毎日運行 秋葉原駅 18:40発 益子駅行き 毎日運行 秋葉原駅 20:10発 笠間ショッピングセンター行き 毎日運行   時刻につきましてはこちらをご覧ください。 関東やきものライナー時刻表【2022年8月21日まで】(PDF形式) =====================   2022年8月22日(月)より 下記の便のみ運行いたします。       上り (益子・笠間→秋葉原駅) 益子駅 7:10発 秋葉原駅行き 毎日運行 益子駅 8:20発 秋葉原駅行き 毎日運行 益子駅 9:20発 秋葉原駅行き 毎日運行   下り … 続きを読む

益子のひまわり畑の様子♪(8/16時点)
2022-08-16

会場は、益子町上山地内(道の駅ましこより約500m)。約5haの休耕田に約100万本のひまわりが一面に咲いているので見ごたえがあります。見頃は、8月10日頃〜16日頃(※天候等により多少前後します) ※今年は「ひまわり祭り」は行いませんがひまわりの摘み取りや畑を見ることは可能です。臨時駐車場も用意されています。暑いので飲み物は必須です!! ———————————————————— 【8月16日の様子】 見頃は過ぎてしまいましたが、ひまわりはご覧になれます   【8月12日の様子】 ひまわり満開です!! 【8月9日の様子】 あたり一面、ひまわり!黄色の可愛らしいひまわりに夏!を感じます。今年は背丈が2m近くあるので見上げる感じを楽しめます。上から撮影したい方用の台も設置してありますのでご利用ください。   ————————————————————————- 【8月6日の様子】 つぼみからだんだん開花したひまわりが増えてきました。駐車場利用も本日から可能です。 ————————————————————————- 【8月2日の様子】 ぽつりぽつりと咲いているひまわりを発見!まだつぼみが大半ですが、もうすぐ咲きそうな感じです。 ※会場内に、駐車場(大型車・バス除く)を設置予定(8/6~16)ですが、雨天時はご利用できない場合がございます。     ましこ花のまちづくり実行委員会ホームページにて「益子のひまわり畑」の様子が毎日アップされています♪ https://www.town.mashiko.lg.jp/page/page003477.html